【3/7】新型コロナウイルスの影響、その後

※あくまで私個人の体験と感じたことですので、いち参考程度にお願いします。


先週、ポルトガルでの新型コロナウイルスの影響について書きましたが、その後。

3月2日に、ポルトで2名の感染を確認。
翌日にはポルトとリスボンで1名ずつの感染を確認。

3月7日現在、ポルトガル国内での感染者は21名です。

先週ブログを書いた時点ではまだポルトガルでの感染者はおらず、いたって平常な様子でした。
国内で感染者が出た今週、リスボンの様子がどうだったかというと…何も変わりません。

相変わらず誰もマスクはしていないし、メトロやバスで避けられるということもなく、スーパーで食料やトイレットペーパーが売り切れるということもなく。
Beijinho(頬と頬をくっつける挨拶)もしてます。控えてね、とは言われているようです。
不思議なくらい落ち着いています。みんなまさか感染者が出たことを知らない…?と感じるくらい(もちろんニュースではやっているので、そんなことはないと思いますが)。

唯一、私が2週間前くらいに買った消毒用アルコールスプレーは売り切れていました。
マスクはもともとの販売量が日本と比べるとかなり少ないと思いますが(売ってるのを見たことがない)、こちらも現在売り切れのようです。

なんというか、ポルトガル人、もっと感情的にパニックになると思っていましたが…とても落ち着いています。

それでも国内で感染者も出ましたし、観光客も変わらず多いですし、手洗いにはより一層気をつけていこうと思います。あと人混みにもなるべく行かない。


コロナウイルスについてはまた何か気になることがあれば更新します。