アゲダの傘祭り「Umbrella Sky Project 2019」

7月になりました。2019年も折り返しですね。

さて、7月のポルトガルといえば!
アゲダ(Águeda)で行われるアンブレラ・スカイ・プロジェクト、通称「傘祭り」が今年も始まります!

今年の日程は、7月6日〜7月28日まで。
各種イベントはこの日程で行われますが、傘の展示は7・8・9月の3ヶ月間やっています。

イベント期間中はほぼ毎日、コンサートや路上パフォーマンスが行われるようです。
コンサートは開始時刻がだいたい22時。入場無料。
路上パフォーマンスは日中にやっていると思います。

私は昨年、一昨年と8月に行ったのでイベントは見ていませんが、傘のアーケードはほんっとうにかわいいです。
通りによって傘の種類が違って、それによって地面にうつる影の形も違って、すごーくかわいい。
また傘だけでなく、壁や階段にもペイントがされているのでそちらも注目です。
メインのカラフルな傘は同じですが、小さい通りは傘や飾りの種類が毎年少しずつ変わっています。

日本で有名になったアゲダの傘祭り、実はポルトガルの人にはあまり知られていないようで…
「アゲダに行ったよ」というと、「アゲダ?なんで?何があるの?」とか「アゲダ?それどこだっけ?」というような反応をよくされます。

たしかに、アゲダは小さな街。
電車も無人駅だし、落書きだらけのローカル線だし、駅の外に出ても人がほとんどいなくて、本当にここで傘祭りやってるの…?と不安になります。

カラフルな傘のアーケードがあるのはRua Luís de Camõesという通りなので、ひとまずここを目指して歩いてください。
急に一面の傘が現れて感動しますよ〜

私は今年行くかはまだ未定。8月に日本から友人が来るので、その時に行くかも。
アゲダに行かれる方は楽しんでくださいね☺︎