雑誌【Safari 8月号】サーフィンの地 エリセイラ

ヨーロッパの他国では40℃近くの暑さだそうですが、南欧ポルトガルは20〜25℃ととても過ごしやすい毎日です。
ヨーロッパ旅行中の方は熱中症にお気をつけくださいね。

さて、6月25日発売の雑誌【Safari 8月号】(日之出出版)に、ポルトガルのエリセイラ(Ericeira)が載っています。
今回、こちらの写真を撮影させていただきました。

エリセイラは、リスボン中心部から車で40分ほどの海沿いの街です。
バスだとCampo Grandeのバスターミナルから1時間半〜2時間くらい。

街じたいはそれほど大きくなく、白い壁に青と黄色のラインが入った家が並ぶかわいい街です。
中心部にはおしゃれなレストランやサーフショップもあり、少し歩くとすぐ海岸。
サーファーに人気のリゾート地という感じでした。

漁港もある海沿いの街ということで、おすすめは海鮮類。
4月にはウニ祭、5月にはタコ祭がありました。(お祭りというか、各レストランでウニ料理、タコ料理を揃えているよ、というイベントでした)

リスボン定番の観光地というわけではありませんが、リスボンの中心を離れて海辺でのんびりしたいという方にはおすすめです。
車やバスでいく場合は、途中マフラ(Mafra)のマフラ国立宮殿の目の前を通るので、寄り道してから行くのもいいですね。

よければ雑誌のチェックお願いします☺︎