リスボンの花粉状況

リスボンは先週くらいから20度を超える天気が続き、完全に春の陽気です。

街の人たちも分厚いコートは脱いで、Tシャツ姿の人もいるくらい。

とってもお散歩日和、気持ちいいなぁと思う毎日です。


ところで、春といえば花粉ですね。

私も10年くらい前から花粉症になり、それから毎年くしゃみ・鼻水・目のかゆみ等々…に悩まされてきました。

ポルトガルに住むにあたって気になっていたのが花粉の状況でした。


結論から言うと、現時点で私は「日本よりかなり楽」です。

ちなみに私は(ちゃんと調べたことはありませんがおそらく)スギとヒノキの花粉症。

毎年1月終わり頃からゴールデンウィーク明けくらいまで薬を飲んでいました。


そして現在ポルトガルでは、なんと薬を飲んでいません。

症状は多少ありますが、薬を飲まなくても平気な程度。

たまに「今日はキツい!」という日に飲むだけで、毎日は飲んでいません。


先日スペインに行ったときは、夜行バスでセビージャに着いてすぐ「これはもしや…」と体がビンビンに花粉に反応し、すぐ薬を飲んだものの旅行中ずっと花粉に苦しみました。

観光地の庭園でスギらしき木から黄色い粉がぶわっと飛んでいるのを見てから、常に周囲の木を確認して歩いていたのですが、けっこうスギらしき木が多かったです…

次にスペインに行くのはスギ花粉のない季節にしようと思いました。スペインは素晴らしかったのに全力で楽しめなかったことが悔しい。


スペインからリスボンに帰ってからも街中の木をチェックして歩くようになったのですが、リスボンはスギらしき木をあまり見かけません。

さらに西側は大西洋なので、風で花粉が運ばれてくることも少ないのかなと思います。


日本で花粉症に苦しんでいる方は、この時期のポルトガル旅行もいいかも?なんて思いました。

ただしポルトガルではマスクをしている人はほとんど、いや全くいませんので、マスクでブロックしないと本当につらい!レベルでは難しいかも。


私は日本で毎年この季節に「花粉がつらい!花粉のないところに脱出したい!」と心底思っていたので、こんな情報でも春の旅行の参考にしていただければ幸いです☺︎