クリスマスのオビドスへ

今日はクリスマスのイベント「Vila Natal」を開催中のオビドスへ行ってきました。


オビドスへ行くのは今年の9月、11月に続いて3回目。 

まだまだ夏気分の9月は観光客で賑わっていて、11月は落ち着いた秋のオビドスという雰囲気でしたが、今日は今まででいちばん人で溢れていました。


前回来たときは立入禁止になっていた、メインストリートの奥のさらに奥が会場です。

進んでいくと、定番のメリーゴーランドやミニコースター、たくさんの遊具、写真映えしそうなモニュメントもありました。

奥がこんなに広がっているとは知らなかった。

あとはこちらも定番の、ボラデベルリン(クリームの入った揚げドーナツ)やチュロス、オビドス名物ジンジーニャ(さくらんぼのお酒)の屋台なども。


日本で言うと、規模の大きい夏祭りといった感じでしょうか。

日本で夏になると子供が「お祭りの日いつ?」と楽しみにするように、ポルトガルではクリスマスのイベントを楽しみにするのだなぁと思いました。


明日あさってはさらに混雑するようです。

このイベント、11月30日〜1月6日までやっています。(クリスマスで終わりではないんですね笑)


オビドスへはリスボンからバスで1時間程度で行けるので、日帰りで行くのもおすすめですよ︎☺︎